コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太清宗渭 たいせい そうい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太清宗渭 たいせい-そうい

1321-1391 南北朝時代の僧。
元亨(げんこう)元年6月29日生まれ。臨済(りんざい)宗。丹波西禅院(兵庫県)にはいり,雪村友梅印可をうける。美濃(みの)(岐阜県)竜門寺,鎌倉浄智寺,京都天竜寺,南禅寺,相国寺住持をつとめた。明徳2=元中8年6月19日死去。71歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。別号に絶清。著作に「太清録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太清宗渭の関連キーワード南北朝時代太白真玄叔英宗播大有有諸元亨

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android