コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝林寺 ほうりんじBao-lin-si

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝林寺
ほうりんじ
Bao-lin-si

中国,広東省韶陽県の曹渓山にあった禅宗寺院。のち南華寺と改めた。達磨慧可,僧さん,道信,弘忍,慧能と続いた禅宗の正統寺院。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の宝林寺の言及

【曹洞宗】より

…日本では禅宗三派(曹洞,臨済,黄檗(おうばく))の一つ。中国禅宗は菩提達磨より6代目の曹渓山宝林寺慧能(えのう)によって南宗禅として大成された。この慧能の弟子の一人青原行思より,石頭希遷(きせん)―薬山惟儼(いげん)―雲巌曇晟(どんじよう)―洞山良价(りようかい)と伝わる洞山(807‐869)を派祖とする。…

※「宝林寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宝林寺の関連キーワード赤松則祐(あかまつそくゆう)到比岸寺鉄造毘盧舎那仏東京都江戸川区北小岩五山・十刹・諸山正法眼蔵随聞記静岡県浜松市曹源一滴水五山・十刹上郡(町)浜松(市)赤松則祐南頓北漸大拙祖能虚堂智愚卓洲胡僊雲渓支山大有有諸円通道成神月徹宗黄檗独湛

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android