コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村喜前 おおむら よしあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村喜前 おおむら-よしあき

1569-1616 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)12年生まれ。大村純忠(すみただ)の子。豊臣秀吉の島津攻めにしたがう。天正(てんしょう)15年肥前大村藩(長崎県)藩主大村家初代となる。2万1400石。朝鮮出兵に従軍,関ケ原の戦いでは東軍に味方する。キリシタンだったが棄教。慶長12年庶家一門を追放した御一門払いを断行して権力の確立をはかった。元和(げんな)2年8月8日死去。48歳。初名は喜純。通称は新八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大村喜前の言及

【大村藩】より

…肥前国(長崎県)彼杵(そのぎ)郡大村に藩庁を置いた外様小藩。藩主大村氏。2万7973石。大村氏は鎌倉時代から地頭として擡頭し,以降中世期を通じて在地領主として発展した。1570年(元亀1)純忠は長崎を開港し,南蛮貿易を中心に外交策を展開しながら本領の確保につとめた。87年(天正15)豊臣秀吉の九州征伐後,本領を安堵され,近世大名に取り立てられたが,それと同時に発布された伴天連追放令と長崎の収公によって,貿易利潤に終止符が打たれ,藩財政は成立当初から窮乏をきたした。…

※「大村喜前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大村喜前の関連キーワードキリシタン大名千々石ミゲル大村純頼波佐見焼西類子大村氏玖島城永禄

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android