コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村喜前 おおむら よしあき

1件 の用語解説(大村喜前の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村喜前 おおむら-よしあき

1569-1616 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)12年生まれ。大村純忠(すみただ)の子。豊臣秀吉の島津攻めにしたがう。天正(てんしょう)15年肥前大村藩(長崎県)藩主大村家初代となる。2万1400石。朝鮮出兵に従軍,関ケ原の戦いでは東軍に味方する。キリシタンだったが棄教。慶長12年庶家一門を追放した御一門払いを断行して権力の確立をはかった。元和(げんな)2年8月8日死去。48歳。初名は喜純。通称は新八郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大村喜前の言及

【大村藩】より

…肥前国(長崎県)彼杵(そのぎ)郡大村に藩庁を置いた外様小藩。藩主大村氏。2万7973石。大村氏は鎌倉時代から地頭として擡頭し,以降中世期を通じて在地領主として発展した。1570年(元亀1)純忠は長崎を開港し,南蛮貿易を中心に外交策を展開しながら本領の確保につとめた。87年(天正15)豊臣秀吉の九州征伐後,本領を安堵され,近世大名に取り立てられたが,それと同時に発布された伴天連追放令と長崎の収公によって,貿易利潤に終止符が打たれ,藩財政は成立当初から窮乏をきたした。…

※「大村喜前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大村喜前の関連キーワード糸子順専正玄正山雪林出目秀満出目吉満等木古田斎宮(初代)吉田兼治

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone