コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後金 こうきんHou-jin; Hou-chin

9件 の用語解説(後金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後金
こうきん
Hou-jin; Hou-chin

中国,清朝の建国当初の国号。満州語では国をアイシン・グルン Aisin Gurunと称する。女直 (→女真 ) の統一をほぼなしとげたヌルハチ (奴児哈赤) は,万暦 44 (1616) 年にハン (汗) 位についた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あと‐きん【後金】

品物を受け取ったあとで代金を支払うこと。⇔前金(まえきん)
代金のうち、手付け金や内金(うちきん)を払った残りの金。残金。あとがね。

こう‐きん【後金】

中国、の建国時の国号。1616年、女真(じょしん)族の首長ヌルハチ太祖)が建国。都は興京。1636年、2代太宗によって清と改称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

後金【こうきん】

中国の王朝名。清朝の前身。女真族を統一したヌルハチは,1616年帝位につき,国号をアイシン(金)と称した。同じ女真族のにならったものである。よって後金と呼ばれる
→関連項目万暦帝ホンタイジ(皇太極)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうきん【後金 Hòu Jīn】

の太祖ヌルハチの建てた国。ヌルハチは建州女真族の名家の出であったが,その25歳の1583年に祖父と父とを明軍に誤って殺されたのを機に,わずかの手勢をもって自立して女真族の統一事業に乗り出した。88年までに建州女真族の統一を達成したが,その間87年に本拠地の蘇子河畔にフェアラ城(今の遼寧省新賓県旧老城にあたる)を築いた。いっぽう明朝に対してはつとに恭順の態度をとって和好をつづけ,89年(万暦17)明から都督僉事(せんじ)に任ぜられ,95年には竜虎将軍に封ぜられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あとがね【後金】

あときん【後金】

契約の金額のうち、一部を支払った残りの金額。残金。あとがね。 ↔ 内金うちきん
代金の支払いをあとですること。また、その金。

こうきん【後金】

しん朝初期の国号。1616年、ヌルハチ(太祖)が女真族を統一して建国。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後金
こうきん

中国、清(しん)朝建国以前(1616~36年の間)の国号。建州左衛(けんしゅうさえい)出身の太祖ヌルハチは女直(じょちょく)(女真(じょしん))民族の統合に伴い、1616年に八旗の諸貴族、大臣に推されて、スレ・ゲンギエン・ハン(聡明(そうめい)なる汗)の尊号を受けてハンの位についた。のちになって編纂(へんさん)された『満州実録』(清朝の官撰(かんせん)歴史書)では、このときを後金国(金朝の後継王朝という意)の建国、天命元年としている。当時、女直民族統合国家の名称としてはマンジュ国があり、一方、対外的には、明(みん)や朝鮮に対して、金(アイシン)、後金国が使われていた。後金は2代太宗ホンタイジの1636年、満州・蒙古(もうこ)・漢人を支配する中央集権的な国家への転換期に「大清」の国号に変わった。[細谷良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の後金の言及

【清】より

…1616‐1912年。はじめ国号を後金と称し,1636年(崇徳1)に清と改めた。東北を統一した後,44年(順治1)長城を越えて中国本土に入って国都を瀋陽から北京にうつし,明朝滅亡の後を継いで全中国を統治する征服王朝となった。…

※「後金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後金の関連情報