後金(読み)コウキン(英語表記)Hòu Jīn

デジタル大辞泉 「後金」の意味・読み・例文・類語

こう‐きん【後金】

中国建国時の国号。1616年、女真じょしん族の首長ヌルハチ太祖)が建国。都は興京。1636年、2代太宗によって清と改称

あと‐きん【後金】

品物を受け取ったあとで代金を支払うこと。⇔前金まえきん
代金のうち、手付け金や内金うちきんを払った残りの金。残金。あとがね。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「後金」の意味・読み・例文・類語

あと‐きん【後金】

  1. 〘 名詞 〙
  2. あとがね(後金)
    1. [初出の実例]「一千円を手付けにして跡金(アトキン)今日までに間に合はす約束を定め」(出典:是は是は(1889)〈幸田露伴〉一)
  3. 品物を受け取ったあとで代金を払うこと。また、その金。⇔前金

あと‐がね【後金】

  1. 〘 名詞 〙 契約金額のうち、手付金または内金を支払った残りの金。残金。あときん。
    1. [初出の実例]「五百両といふ金まで渡し、跡金の二百両才覚する其内に、太夫殿を外の手へ渡しては」(出典:浄瑠璃・関取千両幟(1767)二)

こう‐きん【後金】

  1. 中国、清の前身。太祖(ヌルハチ)が一六一六年女真(女直)族を統一して称した国号。その子太宗(ホンタイジ)が一六三六年大清と改称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「後金」の意味・わかりやすい解説

後金 (こうきん)
Hòu Jīn

の太祖ヌルハチの建てた国。ヌルハチは建州女真族の名家の出であったが,その25歳の1583年に祖父と父とを明軍に誤って殺されたのを機に,わずかの手勢をもって自立して女真族の統一事業に乗り出した。88年までに建州女真族の統一を達成したが,その間87年に本拠地の蘇子河畔にフェアラ城(今の遼寧省新賓県旧老城にあたる)を築いた。いっぽう明朝に対してはつとに恭順の態度をとって和好をつづけ,89年(万暦17)明から都督僉事(せんじ)に任ぜられ,95年には竜虎将軍に封ぜられた。91年鴨緑江部を併呑して,撫順以東,鴨緑江・長白山南側地区まで支配区を広げた。93年海西女真族のエホ,ハダ,ウラ,ホイファをはじめモンゴルのコルチンなど9国の連合軍3万を撃破してから,その勢力はますます強大になった。以来ヌルハチは1616年(天命1)までに,東方ではウスリー江流域より東海女真族の地方までを平定し,西方ではハダ(1600),ホイファ(1607),ウラ(1613)の3部を兼併して,女真族をほとんど統一した。

 この間1603年に居城をヘトアラ(興京老城)に移し,15年八旗制度を整えて軍国体制を固めた。16年ヌルハチはハンの位につき,国号を後金,年号を天命と定めた。19年サルフの戦で明軍に大勝をえてから明の遼東地方への進出を本格化したが,業半ばで26年死去した。なお清朝の官撰の史書では,建国と建元を1616年におくが,朝鮮史料では早くとも1619年のこととされるので,1616年は潤色とみなされている。また国号を後金と称した事実についても,これを抹殺して当初から満洲Manjuと称したと改作をほどこしている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「後金」の意味・わかりやすい解説

後金
こうきん

中国、清(しん)朝建国以前(1616~36年の間)の国号。建州左衛(けんしゅうさえい)出身の太祖ヌルハチは女直(じょちょく)(女真(じょしん))民族の統合に伴い、1616年に八旗の諸貴族、大臣に推されて、スレ・ゲンギエン・ハン(聡明(そうめい)なる汗)の尊号を受けてハンの位についた。のちになって編纂(へんさん)された『満州実録』(清朝の官撰(かんせん)歴史書)では、このときを後金国(金朝の後継王朝という意)の建国、天命元年としている。当時、女直民族統合国家の名称としてはマンジュ国があり、一方、対外的には、明(みん)や朝鮮に対して、金(アイシン)、後金国が使われていた。後金は2代太宗ホンタイジの1636年、満州・蒙古(もうこ)・漢人を支配する中央集権的な国家への転換期に「大清」の国号に変わった。

[細谷良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「後金」の意味・わかりやすい解説

後金
こうきん
Hou-jin; Hou-chin

中国,清朝の建国当初の国号。満州語では国をアイシン・グルン Aisin Gurunと称する。女直 (→女真 ) の統一をほぼなしとげたヌルハチ (奴児哈赤)は,万暦 44 (1616) 年にハン (汗) 位についた。そのときに国号を金と定め,天命と建元したとされるが,清朝の根本史料には国号制定の記載がないことから作為したとの説もある。 12世紀の女直人の国家である金朝を継ぐ意味で金,あるいは後金と称したが,アイシン・グルンとともにマンジュ・グルン,ジュシェン・グルンなどの国号も併称していたとみられる。第2代の太宗 (ホンタイジ〈皇太極〉 ) が,チャハル (察哈爾) 部を従え,大元伝国の璽を得たのを機会に,天聡 10 (36,明の崇禎9) 年4月に国号を大清と改め,崇徳と改元し,金 (アイシン) やマンジュの国号は消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「後金」の意味・わかりやすい解説

後金【こうきん】

中国の王朝名。清朝の前身。女真族を統一したヌルハチは,1616年帝位につき,国号をアイシン(金)と称した。同じ女真族のにならったものである。よって後金と呼ばれる。次の太宗の1636年と改称。
→関連項目万暦帝ホンタイジ(皇太極)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「後金」の解説

後金(こうきん)
Houjin

清朝建国時の国号。女直(じょちょく)(真)族を統一したヌルハチは,1616年推されてハン位につき,国号をアイシン(Aisin)すなわち金と称したことによる。その呼称は12世紀に起こった女直(真)族のにちなんだものであり,一般に後金と記される。その名は太宗(ホンタイジ)の1636年と改められた。また金の呼称をきらった太宗は,それ以前の後金時代を満洲(マンジュ〈Manju〉,満珠)と呼んだ。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「後金」の解説

後金
こうきん

清の前身。1616年,ヌルハチ(清の太祖)が満州統一後に称した国号
かつての満州の大国金の後継者であるという意味。1619年サルフの戦いで明を破り,都を遼陽,さらに瀋陽(現在の奉天)に遷した。1636年に太宗ホンタイジが清と改称。

後金
ごきん

こうきん

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の後金の言及

【清】より

…1616‐1912年。はじめ国号を後金と称し,1636年(崇徳1)に清と改めた。東北を統一した後,44年(順治1)長城を越えて中国本土に入って国都を瀋陽から北京にうつし,明朝滅亡の後を継いで全中国を統治する征服王朝となった。…

※「後金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」