コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村桐陽 おおむら とうよう

1件 の用語解説(大村桐陽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村桐陽 おおむら-とうよう

1818-1896 幕末-明治時代の儒者。
文政元年11月10日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩士。藩の稲垣寒翠(かんすい),ついで江戸の古賀侗庵(どうあん)にまなび,明治元年藩の学問教授頭取。10年東京の女子師範学校教授となった。明治29年4月24日死去。79歳。名は成章。字(あざな)は斐夫(あやお)。著作に「晁山記勝」「備作人鑑」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大村桐陽の関連キーワード深刻小説メーソン梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席高麗(埼玉県)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone