コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村桐陽 おおむら とうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村桐陽 おおむら-とうよう

1818-1896 幕末-明治時代の儒者。
文政元年11月10日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩士。藩の稲垣寒翠(かんすい),ついで江戸の古賀侗庵(どうあん)にまなび,明治元年藩の学問教授頭取。10年東京の女子師範学校教授となった。明治29年4月24日死去。79歳。名は成章。字(あざな)は斐夫(あやお)。著作に「晁山記勝」「備作人鑑」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大村桐陽の関連キーワード明治時代儒者