コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀侗庵 こが とうあん

美術人名辞典の解説

古賀侗庵

徳川幕府の儒官。名は赴氈ケ悊禄・ ・名里肋・析此8轍貔採い梁荵飴辧・修慮紊鮖未亜9芦州看・扮847)歿、60才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こが‐とうあん【古賀侗庵】

[1788~1847]江戸後期の儒学者。肥前の人。精里の三男。名は煜。諸子百家に通じ、父とともに昌平坂学問所の教授を務めた。著「海防臆測」「劉子」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀侗庵 こが-どうあん

1788-1847 江戸時代後期の儒者。
天明8年1月23日生まれ。古賀精里(せいり)の3男。文化6年幕府の儒者見習,14年儒者にすすみ,昌平黌(しょうへいこう)でおしえる。諸子百家に通じるとともに,海防問題なども論じた。弘化(こうか)4年1月30日死去。60歳。肥前(ひぜん)佐賀出身。名は煜。字(あざな)は季曄。通称は小太郎。著作に「今斉諧(いまさいかい)」「海防臆測」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こがどうあん【古賀侗庵】

1788‐1847(天明8‐弘化4)
江戸後期の儒学者。名は煜,字は季曄,小太郎と称す。侗庵は号。古賀精里の三男。幼少より父について学び,1796年(寛政8)父に従って江戸に移住。1809年(文化6)幕府儒者見習に抜擢され,父子ともに昌平黌に出仕し,17年儒者となる。家学の朱子学を奉じ西洋事情,海防問題にも深い関心を示し,しばしば建言した。主著に《劉子論語管窺記》《海防臆測》《学迷雑録》がある。【頼 祺一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

古賀侗庵 (こがどうあん)

生年月日:1788年1月23日
江戸時代後期の儒学者
1847年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

古賀侗庵の関連キーワード古賀謹一郎大館謙三郎宇都宮竜山新井雨窓上甲振洋山田蠖堂平部嶠南早崎巌川木村容斎錦織晩香木村愚山野田笛浦中島米華生年月日野村篁園安芸田面箕作秋坪鈴木白藤金井烏洲曾我耐軒

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android