コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村裕 おおむら ゆたか

1件 の用語解説(大村裕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村裕 おおむら-ゆたか

1925- 昭和後期-平成時代の神経生理学者。
大正14年1月4日朝鮮京城生まれ。金沢大教授などをへて,昭和49年九大教授となる。のち富山医薬大教授。空腹感,満腹感の神経回路レベルでの調節機構を解明。平成2年国際肥満学会議会頭をつとめた。昭和63年学士院賞。九州帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大村裕の言及

【食欲】より

…こうして1950年代に二元中枢説の概念は確立された。また67年には大村裕らは,摂食および満腹中枢ニューロン活動(インパルス放電)はあたかもシーソーのように一方のインパルス放電が増加すればもう一方のインパルス放電は減少するという相反的関係にあることを明らかにした。すなわち空腹になると,摂食中枢ニューロンのインパルス放電は増加し,逆に満腹中枢ニューロンのインパルス放電は減少し,強い食欲を発生する。…

※「大村裕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大村裕の関連キーワード伊藤正男青木清川合述史佐々木和夫佐野豊島薗安雄田沢仁塚田裕三三品昌美

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大村裕の関連情報