コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大根太木 おおね ふとき

2件 の用語解説(大根太木の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大根太木

狂歌師・辻番請負。姓は松本、通称山田屋半右衛門、号は鹿積楼・雁奴。江戸飯田町住。安永年間、大田蜀山人唐衣橘洲等と狂歌会を聞き名声を得る。また俳句も能くした。天明頃の人。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大根太木 おおね-ふとき

?-? 江戸時代中期-後期の狂歌師。
安永-天明(1772-89)ごろの人。江戸飯田町にすみ辻番請負を業とした。唐衣橘洲(からころも-きっしゅう)らと狂歌会をひらき,人気があった。本姓は松本。通称は山田屋半右衛門。別号に塵積楼。俳名は雁奴。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大根太木の関連キーワード算木有政柳直成釈氏定規橘貞風東随舎花江戸住柳原竹光柳原向やはり棟梁四方山詠女

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone