コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁奴 ガンド

デジタル大辞泉の解説

がん‐ど【×雁奴】

夜、砂州で休んでいる雁の群れの周囲で人や獣の接近を見張っている雁。転じて、見張り役。奴雁
[補説]「奴雁」としたのは福沢諭吉という説があるが、真偽不詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

雁奴の関連キーワード大根太木補説

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android