コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森運夫 おおもり かずお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森運夫 おおもり-かずお

1917- 昭和後期-平成時代の日本画家。
大正6年9月23日生まれ。昭和26年新制作協会展で「校庭」が初入選。以後も同展へ出品。49年創画会結成に参加,会員となる。50年山種美術館賞展で「山の夜神楽(よかぐら)」が大賞を受賞。愛知県出身。広島高師中退。作品に「ふきだまり」「能登神雷譜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大森運夫の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール三菱A型第1次世界大戦ロマノフ朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android