夜神楽(読み)ヨカグラ

大辞林 第三版の解説

よかぐら【夜神楽】

夜間に行う神楽。宮中の御神楽は正式には夜を徹して行われ、また民俗芸能の神楽も多くは徹夜で行われるのでこう呼ばれる所が多い。
芝居囃子ばやしの一種。普通の神楽を静めて遠く聞かせる。神社の場の夜などに使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よ‐かぐら【夜神楽】

〘名〙
① 夜、奏する里神楽。多く収穫祭から年末にかけて行なわれた。《季・冬》
※車屋本謡曲・弓八幡(1423頃)「更け行く月の夜神楽を奏して、君を祈らん」
② 歌舞伎の下座音楽の一つ。本神楽(普通の神楽)という囃子(はやし)を弱く静めて奏する。神社の場の夜に使うが、時代物では時に「だんまり」とか凄(すご)みのある場にも使う。
※歌舞伎・男伊達初買曾我(1753)大切「橋懸り迄、社地の道具、夜神楽にて幕開く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜神楽の関連情報