コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大植啓治 おおうえ けいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大植啓治 おおうえ-けいじ

1882-1942 昭和時代前期の公共事業家。
明治15年10月9日生まれ。生地大阪府見山村(茨木市)の村会議員をつとめる。昭和11年村内の全318戸に改良便所を新設し,寄生虫の駆除にのりだす。寄生虫卵のない糞尿(ふんにょう)を肥料にした野菜の栽培を普及させた。昭和17年2月6日死去。61歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大植啓治の関連キーワードレジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーンボアソナード早稲田大学中央銀行ハルゼー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android