コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨木市 いばらき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茨木〔市〕
いばらき

大阪府北部,北摂山地南斜面から安威川,茨木川の氾濫原に広がる市。1948年茨木町と三島村,春日村,玉節村の 3村が合体して市制。1954年安威村,玉島村の 2村,1955年福井村,石河村,見山村,清渓村の 4村,1957年に三宅村をそれぞれ編入。中心市街地の茨木は,慶長年間(1596~1615)には片桐且元の城下町。その移封後は亀岡街道沿いの交易の町として栄え,西国街道沿いには郡山宿が栄えた。1876年に東海道本線,1928年に新京阪線(今日の阪急電鉄京都線)が通じてから大阪の衛星都市として発展。第2次世界大戦後は北部の山麓,丘陵部に住宅団地や大学などが進出,南部の平地には国道171号線沿いに電気機器,ビール醸造,たばこ,製鋼,セメントなどの大工場が立地。旧農村地区では米,野菜を中心に観葉植物の栽培も行なわれる。近年は京阪神工業地帯の一角として,大阪市のベッドタウンとなっている。継体天皇陵や藤原鎌足古廟などがあり,日本でも有数の古墳地帯で阿武山古墳は国指定史跡。郡山宿本陣(国指定史跡),総持寺などがある。西部の箕面市との境付近は明治の森箕面国定公園に,北部の竜王山などは北摂府立自然公園に属する。JR東海道本線,阪急電鉄京都線,大阪高速鉄道の大阪モノレール線と国際文化公園都市モノレール線が通り,名神高速道路の茨木インターチェンジがある。面積 76.49km2。人口 28万33(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いばらき‐し【茨木市】

茨木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

茨木市の関連キーワード大阪府茨木市総持寺駅前町大阪府茨木市山手台東町大阪府茨木市五日市緑町大阪府茨木市西河原北町大阪府茨木市中総持寺町大阪府茨木市太田東芝町大阪府茨木市城の前町大阪府茨木市十日市町大阪府茨木市南春日丘大阪府茨木市中河原町大阪府茨木市新中条町大阪府茨木市総持寺台大阪府茨木市粟生岩阪大阪府茨木市五十鈴町大阪府茨木市西駅前町大阪府茨木市松ケ本町大阪府茨木市西豊川町大阪府茨木市西田中町大阪府茨木市西中条町大阪府茨木市美穂ケ丘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨木市の関連情報