コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨木市 いばらき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茨木〔市〕
いばらき

大阪府北部,北摂山地南斜面から安威川,茨木川の氾濫原に広がる市。1948年茨木町と三島村,春日村,玉節村の 3村が合体して市制。1954年安威村,玉島村の 2村,1955年福井村,石河村,見山村,清渓村の 4村,1957年に三宅村をそれぞれ編入。中心市街地の茨木は,慶長年間(1596~1615)には片桐且元城下町。その移封後は亀岡街道沿いの交易の町として栄え,西国街道沿いには郡山宿が栄えた。1876年に東海道本線,1928年に新京阪線(今日の阪急電鉄京都線)が通じてから大阪の衛星都市として発展。第2次世界大戦後は北部の山麓,丘陵部に住宅団地や大学などが進出,南部の平地には国道171号線沿いに電気機器,ビール醸造,たばこ,製鋼,セメントなどの大工場が立地。旧農村地区では米,野菜を中心に観葉植物の栽培も行なわれる。近年は京阪神工業地帯の一角として,大阪市ベッドタウンとなっている。継体天皇陵や藤原鎌足古廟などがあり,日本でも有数の古墳地帯で阿武山古墳は国指定史跡郡山宿本陣(国指定史跡),総持寺などがある。西部の箕面市との境付近は明治の森箕面国定公園に,北部の竜王山などは北摂府立自然公園に属する。JR東海道本線,阪急電鉄京都線,大阪高速鉄道大阪モノレール線と国際文化公園都市モノレール線が通り,名神高速道路の茨木インターチェンジがある。面積 76.49km2。人口 28万33(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いばらき‐し【茨木市】

茨木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨木市の関連情報