大樹緊那羅(読み)だいじゅきんなら

精選版 日本国語大辞典の解説

仏語。緊那羅王中の一王の名。雪山(せっせん)の北にある香酔山(こうずいせん)に無量の緊那羅等と共に住する。大樹緊那とも。→緊那羅
※源平盛衰記(14C前)三二「大樹緊那羅(だいジュキンナラ)が香山より出つつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる