雪山(読み)せつざん

精選版 日本国語大辞典「雪山」の解説

せつ‐ざん【雪山】

(「せっさん」とも)
[1] 〘名〙
の積もっている山。四季を通じて雪の消えない高山。ゆきやま。
※正法眼蔵(1231‐53)大悟「ここをもて雪山の雪山のために大悟するあり。木石は木石をかりて大悟す」 〔庾信‐司馬裔墓誌銘〕
② 白波が高く寄せて来るのを、雪の山に見立てていう語。
※北遊詩草(1822)親不知子不知「洪濤百尺駆驚雷、来打懸崖雪山頽」 〔裴夷直‐寄杭州崔使君詩〕
※天草本平家(1592)四「サンミノチュウジャウワ xessanni(セッサンニ) ナク トリノ ヤウニ、キョウヨ アスヨト モノヲ ヲモウ コトヨト アッテ」 〔後漢書‐班超伝〕

ゆき‐やま【雪山】

〘名〙
① 雪を高く積み上げて山のようにしたもの。平安時代によく行なわれ、はじめは座興的なもので、奉仕した者には祿を賜わるなどしたが、やがて行事として形式化された。雪の山。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「雪山つくらせ給て、ひひなあそびなどもろともにして、みせたてまつり給ふ」
② 雪が積もっている冬の山。雪の山。《季・冬》
※霊芝(1937)〈飯田蛇笏〉昭和一一年「雪山を匐ひまはりゐる谺かな」

せっ‐せん【雪山】

(「せん」は「山」の呉音) ヒマラヤ山脈異称大雪山(だいせっせん)。せつざん。
※菅家文草(900頃)五・感雪朝「此朝誰不雪山僧、恩捨綿々草木凝」 〔北本涅槃経‐一四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「雪山」の解説

雪山
せつざん / シュエシャン

台湾の北部にある雪山山脈の主峰。台中の北東50キロメートル、苗栗(びょうりつ)県との県境に位置する。標高3884メートル。玉山に次ぐ台湾第二の高峰である。旧称に碧(へき)山、雪翁(せつおう)山、秀抜(しゅうばつ)山、次高山(つぎたかやま)などがある。第二次世界大戦後、蒋介石(しょうかいせき)が興隆(こうりゅう)山と命名、現在の地図にこの名称が一部使用されている。山頂付近に氷河地形が多くみられ、原始林がある。高山植物の景観や冬季の雪景が秀麗で、登山観光の地として知られる。

[劉 進 慶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「雪山」の解説

雪山【せつざん】

台湾中央部の山。雪山山脈の最高峰で,標高3886m,台湾第2の高峰である。日本統治時代には次高山と呼ばれていた。太魯閣国立公園に隣接する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「雪山」の解説

雪山
せっせん

インド北方にそびえるヒマラヤ山脈のこと。大雪山ともいう。常に雪をいただいているところから名づけられ,インド民族は,古くから仰望してきた。

雪山
せつざん

シュエ(雪)山」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「雪山」の解説

ゆき‐やま【雪山】

雪が降り積もっている冬の山。ゆきのやま。 冬》
雪を高く山のように積み上げたもの。平安時代に宮中で行われた。ゆきのやま。
[類語]山容山相青山翠黛すいたい翠巒すいらん夏山冬山銀嶺

せつ‐ざん【雪山】

《「せっさん」とも》
雪の積もっている山。また、常に雪のある山。ゆきやま。雪嶺せつれい
せっせん(雪山)」に同じ。

せっ‐せん【雪山】

ヒマラヤ山脈の異称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雪山の言及

【北島雪山】より

…江戸前期の唐様書家。熊本の医師,宗宅の次男。通称は三立。医術修業の兄江庵とともに長崎に赴き,陽明学を修め,来朝の黄檗僧独立,即非に書法を学び,さらに兪立徳(ゆりつとく)から明の文徴明の筆法を授けられた。その後,熊本侯に儒臣として仕えたが,やがて江戸に出て書名をあげ,細井広沢らに書法を教えた。奇行多く,酒を好み,豪快な行・草をよく書き,唐様書家の先達として高く評価されている。【角井 博】…

※「雪山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android