コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大正大噴火

2件 の用語解説(大正大噴火の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大正大噴火

1914年1月12日午前10時ごろに始まり、噴煙は上空10キロ以上に達した。桜島の西側では大火砕流が発生。東側では大量の溶岩が流出し、大隅半島陸続きになり、周辺の地盤は数十センチ沈下した。桜島の被災者のために国が指定した移住地のうち、南大隅町に大中尾、垂水市に大野(2006年閉校)、西之表市に鴻峰(こうのみね)(01年休校)の各尋常小学校が新設された。

(2013-03-10 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

大正大噴火

鹿児島県にある桜島で、1914年1月12日に発生した地震・噴火災害。死者・行方不明者あわせて58名が犠牲となった。「桜島大正大噴火」ともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大正大噴火の関連キーワード限りの太鼓六つ五五八八東北空襲飯塚2女児殺害事件福岡県の女性3人連続殺害事件佐賀空襲桜島の大正噴火

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大正大噴火の関連情報