桜島(読み)さくらじま

百科事典マイペディア「桜島」の解説

桜島【さくらじま】

鹿児島湾の奥部に位置する火山島。周囲約48.2km,面積約73km2。1914年の大噴火(大正噴火)で溶岩が大量に流出し,瀬戸海峡を埋め尽くして大隅半島と陸続きとなった。かつては北西半部が鹿児島桜島町だったが,合併に伴い現在では全域鹿児島市に属する。島のほぼ中央に北岳御岳。1117m),中(1060m),南岳(1040m)の主峰があり,各々が直径500m前後の火口を有する。南岳は現在も活動中の活火山。 桜島の形成は第四紀(約2万2000年前)にできた姶良(あいら)カルデラの南縁に,約1万3000年前から新たな噴火活動が起こったことに端を発すると考えられる。最古の噴火記録は764年のもので,〈麑島信爾村〉の海に新島(神造島)が形成されたといい,麑島は桜島を指すとも推測されている。中世は向島と称され,文明年間(1469年−1487年)に大きな噴火があった。近世は大隅国大隅郡に属し,向島郷,のち桜島郷として推移した。鹿児島藩主の湯治・狩猟などに利用され,特産物として大根・蜜柑・生蝋などが知られた。近世の噴火では1779年の噴火(安永噴火)が最大で,多数の者が出,新島も形成された。明治の鎮静期を経て大正噴火が起こり,その後も断続的な噴火活動を繰り返し現在に至る。 ミカン,ビワ,桜島ダイコンなどを栽培。鹿児島港と結ぶ桜島フェリーが運航し,荒涼とした溶岩原に島内一周路が通る。雄大な景観や温泉を観光資源として多くの観光客を集める。霧島錦江湾国立公園に含まれる。
→関連項目鹿児島[県]霧島屋久国立公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「桜島」の解説

桜島
さくらじま

鹿児島県中部,鹿児島市に属するほぼ円形の火山島。中心市街地の対岸にある。活火山で,常時観測火山。北岳(1117m。最高峰で御岳ともいう),中岳(1060m),南岳(1040m)の 3峰がほぼ南北に連なった複合火山有史以来,文明3(1471)年,同 7年,同 8年,寛永19(1642)年,安永8(1779)年など爆発を繰り返している。特に 1914年の噴火は大きく,噴出した溶岩により八つの村落埋没,当時南東部にあった大隅海峡も埋没し,大隅半島と陸続きになった。その後も 1935,1946,1955年と記録に残る爆発を繰り返し,近年も南岳山頂火口で活発な噴火活動が続いている。また 2006年には 58年ぶりに昭和火口が噴火活動を再開した。島には古里温泉,桜島マグマ温泉などの温泉があり,1964年には霧島屋久国立公園(→霧島錦江湾国立公園)に指定された。畑作が主で,桜島大根,ミカン,ビワを特産。鹿児島―桜島(袴腰)間は,市営の桜島フェリーが 24時間運航し,島の南岸を国道224号線が通る。面積 77.0km2

桜島
さくらじま

鹿児島県中部,鹿児島市中東部の旧町域。桜島の西半を占める。1973年西桜島村から改称して町制。2004年鹿児島市に編入。産業は観光中心で,昭和溶岩原,大正溶岩原などがあり,ほとんど全域が霧島錦江湾国立公園に属する。ビワ,ポンカン桜島小みかん,桜島大根などの栽培が行なわれる。西端の桜島港(袴腰)は桜島の主要港で,鹿児島本港とフェリーで結ばれている。

桜島
さくらじま

大阪市此花区南西部の地区。安治川河口右岸の埋立て地で,北と西は大阪北港,南は安治川内港に面し,東は北港運河で限られる。東半には金属,造船の大工場が立地し,西半は埠頭地区で,クレーン,上屋,倉庫などの施設のほか貯油槽が並ぶ。 JR桜島線の終点

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「桜島」の解説

さくら‐じま【桜島】

[一] 鹿児島市の対岸にある複式成層火山。御岳(北岳)・中岳・南岳の三峰からなる。もともとは火山島であるが、有史以来しばしば噴火し、大正三年(一九一四)の大爆発で南東部は大隅半島と陸つづきになった。
[二] 小説。梅崎春生作。昭和二一年(一九四六)発表。終戦前後の基地桜島での「私」村上兵曹とまわりの兵士たち極限状況に置かれた生と死の相克を描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「桜島」の解説

さくら‐じま【桜島】

鹿児島県中部、鹿児島湾にある火山島。北岳・中岳・南岳の三峰よりなり、現在南岳が活動。大正3年(1914)の噴火で大隅おおすみ半島につながる。霧島錦江湾国立公園の一部。
梅崎春生うめざきはるおの小説。昭和21年(1946)発表。終戦前後の桜島で、村上兵曹と兵士たちとが死と直面する極限状況を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「桜島」の解説

桜島

イケダパン(本社:鹿児島県姶良市)が製造・販売する食パンのブランド名。

桜島

鹿児島県鹿児島市にある道の。国道224号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版「桜島」の解説

さくらじま【桜島】

鹿児島湾北部,鹿児島市街地の対岸に位置する火山島で,1914年(大正3)の大正噴火で流出した溶岩(大正溶岩)により,大隅半島と陸続きとなった。直径8~10km,面積約80km2。島のほぼ中央には御岳(おたけ)(北岳。1117m),中岳(1060m),南岳(1040m)の主峰が連なり山麓には溶岩円頂丘権現山,引ノ平,春田山,軽石丘の鍋山など多数の溶岩流側火山として分布している。 桜島は姶良(あいら)カルデラの南部に後カルデラ丘として約1万3000年前から活動を始め,まず御岳が形成され,約5000年前から活動の中心は南岳に移った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の桜島の言及

【遷移】より


[一次遷移primary succession]
 火山の溶岩流のように,遷移開始時の基質に種子などの繁殖器官を含めて植物がない場合をいう一次遷移は,次のように進行する。暖温帯の鹿児島県桜島で,噴出年代が異なる溶岩上で調べられた乾性系列の例では,裸の岩石の表面にまず地衣類・蘚苔類が着生してくる。続いて,火山灰の集積した場所や岩石の割れ目に,タマシダ,イタドリなどの乾燥に強い多年生草本が侵入する。…

※「桜島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android