大沢 徳太郎(読み)オオサワ トクタロウ

20世紀日本人名事典の解説

大沢 徳太郎
オオサワ トクタロウ

明治〜昭和期の実業家 京都商業会議所会頭;貴院議員(多額納税)。



生年
明治9年2月(1876年)

没年
昭和17(1942)年5月20日

出身地
京都府

学歴〔年〕
同志社〔明治25年〕卒

経歴
実業家・大沢善助の長男。29年京都・三条に大沢商会の営業所が開設されると経営を担当。大正8年株式会社に改組。同社を時計製造や雑貨輸入を柱とする中堅商社に育て上げた。また京都電灯や高島屋などの取締役を歴任。京都商業会議所会頭も務めた。昭和7〜17年貴院議員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android