コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内輝承 おおこうち てるよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内輝承 おおこうち-てるよし

1817-1839 江戸時代後期の大名。
文化14年3月4日生まれ。大河内輝延(てるのぶ)の子。文政8年上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩主大河内(松平)家6代。天保(てんぽう)9年奏者番となる。天保10年6月26日死去。23歳。字(あざな)は錫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大河内輝承の関連キーワードタンジマートモンロー妙心紀行文学ストルーベ小関三英敷田年治島津久光新宮凉庭三遊亭円朝(初代)

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone