コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内輝延 おおこうち てるのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内輝延 おおこうち-てるのぶ

1776*-1825 江戸時代後期の大名。
安永4年閏(うるう)12月15日生まれ。大河内輝高の3男。兄大河内輝和(てるやす)の養子となり,寛政12年上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩主大河内(松平)家5代。奏者番,寺社奉行,大坂城代をへて,文政6年老中となった。文政8年1月30日死去。51歳。字(あざな)は仲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大河内輝延の関連キーワード大河内輝承

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android