大浜 英子(読み)オオハマ ヒデコ

20世紀日本人名事典の解説

大浜 英子
オオハマ ヒデコ

昭和期の社会評論家,婦人運動家 元・中央選挙管理会委員長;元・国民生活センター会長。



生年
明治34(1901)年11月11日

没年
昭和57(1982)年3月25日

出生地
京都府京都市

学歴〔年〕
日本女子大学師範家政科〔大正11年〕卒

経歴
弁護士・大浜信泉(のち早大総長)と結婚し、大正14年夫とともに渡英。帰国後、婦人参政権活動を行う婦人同志会を結成し、幹事となる。昭和14年司法省の人事調停委員になり、戦後、東京家裁調停委員となった。24年「読売新聞」「人生相談」欄回答者。婦人の地位向上、家族制度などについて啓発的な評論家として活躍し、“家裁調停委員”の代表的存在になった。36年女性初の中央選挙管理会委員長に互選され、以来12年間委員長をつとめ、公正選挙実現に尽力した。また、国民生活センター会長など数多くの役職を務めたことで知られる。著書に「新時代の婚姻と結婚」「妻の一生」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大浜 英子 (おおはま ひでこ)

生年月日:1901年11月11日
昭和時代の社会評論家;婦人運動家。中央選挙管理会委員長;国民生活センター会長
1982年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android