幹事(読み)かんじ

精選版 日本国語大辞典「幹事」の解説

かん‐じ【幹事】

〘名〙 (「幹」は事をよく処理するの意)
① 会や団体の中心となって業務をつかさどること。また、その役目の人。
※家伝(760頃)下「体仁足以長人、貞固足以幹事」 〔易経‐乾卦〕
② 会合、集合、宴会などの世話人。まとめ役。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「モウモウ幹事(カンジ)は願下(ねがいさげ)だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「幹事」の解説

かん‐じ【幹事】

会などの世話役。「忘年会の幹事
業務を中心となって担当する役。「政党幹事長」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android