幹事(読み)かんじ

精選版 日本国語大辞典「幹事」の解説

かん‐じ【幹事】

〘名〙 (「」は事をよく処理するの意)
① 会や団体の中心となって業務をつかさどること。また、その役目の人。
※家伝(760頃)下「体以長人貞固以幹事」 〔易経‐卦〕
② 会合、集合、宴会などの世話人。まとめ役。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「モウモウ幹事(カンジ)は願下(ねがいさげ)だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「幹事」の解説

【幹事】かんじ

事をただす。〔易、乾、文言伝〕は事の幹なり。君子は仁を體して以て人に長たるに足り、貞固にして以て事を幹(ただ)すに足る。

字通「幹」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android