大湾朝功(読み)おおわん ちょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大湾朝功 おおわん-ちょうこう

?-? 琉球の士族。
明治初期の琉球処分期に明治政府内務省出張所の警部にやとわれ,探訪人(スパイ)をつとめる。処分官松田道之らに琉球藩内の情報を提供したが,処分に反対する頑固党から白眼視され,内地出張の名目で沖縄をさった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android