コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大盃(おおさかずき)

2件 の用語解説(大盃(おおさかずき)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

大盃(おおさかずき)

群馬県、牧野酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

おおさかずき【大盃】

群馬の日本酒。幕末の幕府勘定奉行小栗上野介遣米使節として渡米した際、蔵元の先祖が随行した。酒名は、帰国後「長盛」という酒を、大きな盃で祝杯をあげたことにちなみ「大盃」と改銘。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒がある。平成2、7、9、17年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、若水など。仕込み水榛名山の伏流水。蔵元の「牧野酒造」は元禄3年(1690)創業。所在地は高崎市倉渕町権田。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大盃(おおさかずき)の言及

【カエデ(楓)】より

… オオモミジの園芸品種も多く,斑入葉もあるが,庭木として植えられている野村カエデは,春,葉の萌芽したときは紅紫色で,夏には緑色になる。秋の紅葉が美しい大盃(おおさかずき)は紅葉後も長く枝に残り,紅葉が黄色になる一行寺(いちぎようじ)などと混植するとよい。〆の内(しめのうち)は葉が全裂し線形で3裂や5裂,7裂などになり,七五三ともよばれる。…

※「大盃(おおさかずき)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大盃(おおさかずき)の関連キーワード勘定奉行溝口勝如小栗上野介御林奉行飛騨郡代評定奉行三奉行帳面方小栗上野介(1827〜68)伊奈忠宥

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone