コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石峯良 おおいしの みねよし

1件 の用語解説(大石峯良の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石峯良 おおいしの-みねよし

?-? 平安時代中期の雅楽家。
篳篥(ひちりき)の名手として知られ,村上天皇(在位946-967)につかえた。嵯峨(さが)天皇のとき「賀王恩(かおうおん)」をつくったというが時代があわない。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大石峯良の関連キーワード安倍季康大石富門多時資清瀬宮継狛則高豊原時光源信義源頼能和邇部用枝和邇部用光