コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石正己 おおいしまさみ

1件 の用語解説(大石正己の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおいしまさみ【大石正己】

1855‐1935(安政2‐昭和10)
明治・大正期の政党政治家。土佐藩出身。1874年立志社に入って自由民権運動に参加し,81年馬場辰猪末広重恭らと国友会を組織。同年の自由党の結成に際して幹事となり,のち《自由新聞》社主をつとめたが,党首板垣退助の洋行に反対し,83年脱党。87年大同団結運動の中心となって各地に遊説。92年には朝鮮駐劄(ちゆうさつ)弁理公使として防穀令事件の強圧的処理に従事した。進歩党の結成,松方・大隈内閣の成立などを画策し,98年憲政党による大隈内閣に農商務相として入閣。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の大石正己の言及

【憲政本党】より

…日露戦争後は,政友会を与党とする西園寺公望内閣と桂内閣が交互に政権を担当したため,野党の立場を脱却できず党勢は後退,党内動揺の末に07年1月大隈は総理辞任を余儀なくされた。それ以後も,非政友各派を糾合して官僚派に接近しようとする大石正巳ら改革派と,民党主義を堅持しようとする犬養毅ら非改革派との対立は続き,09年に両派の対立が頂点に達した。しかし改革派から日糖事件の連座者を出したことから勢力を失い,両派は妥協して第2次桂内閣に対して野党的立場をとり,10年3月又新(ゆうしん)会,無名会,旧戊申俱楽部の一部と合同して立憲国民党を結成した。…

【防穀令事件】より

…交渉は当初から難航し,商人らは対外硬に転じつつあった日本の民党に働きかけて活発な運動を展開した。議会での突きあげをうけた伊藤博文内閣は自由党の大石正巳を公使に派遣,93年5月には外交断絶の最後通告を発して圧力をかける一方,裏面で清国の李鴻章に斡旋を依頼し,紛争中の他の3件の分を含め総額11万余円の金額で妥結した。伝統的な朝鮮の経済循環が開港によって破壊されつつあることを示す象徴的な事件である。…

※「大石正己」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大石正己の関連キーワード日本浪曼派治安維持法イギリス映画ユーイングルーマニア文学挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone