コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大禹陵 だいうりょう

1件 の用語解説(大禹陵の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

だいうりょう【大禹陵】

中国の浙江(せっこう)省紹興(シャオシン)市の市街地から3kmにある、4000年前の夏王朝の創始者で黄河を治めた治水の英雄としても知られる禹の陵墓。石階段を登ると「大禹陵」の大きい石牌が見える。草木がうっそうと生い茂る会稽山側に建つ大規模な古典的建築群で、禹陵、禹祠、禹寺の3部分により構成されている。敷地は約2.7ha、建築面積は2700m2で、全国文化財として保護されている。全国の芸術家と愛国主者の教育の模範となる場所といわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大禹陵の関連キーワード馮仙湜紹興酒浙江省黄酒浙江武者押し干焼蝦仁両浙シャオ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone