コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大納言典侍近子 だいなごんのてんじ ちかこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大納言典侍近子 だいなごんのてんじ-ちかこ

?-1259 鎌倉時代の女官。
四条隆親(たかちか)の娘。後深草天皇につかえる。大炊御門(おおいみかど)冬忠の妻となり,ついで源雅忠の妻となって後深草院二条を生んだ。正元(しょうげん)元年5月5日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大納言典侍近子

没年:正元1.5.5(1259.5.28)
生年:生年不詳
鎌倉時代の公家の女性。『とはずがたり』の著者後深草院二条の母。四条隆親の娘。典侍として後深草天皇に新枕を教え,のち後深草の近臣大炊御門冬忠の妻となり,次いで同じく後深草の近臣中院雅忠の妻となって二条を生んだ。<参考文献>松本寧至『中世宮廷女性の日記』

(細川涼一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大納言典侍近子の関連キーワード尊恵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android