コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四条隆親 しじょう たかちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四条隆親 しじょう-たかちか

1202-1279 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
建仁(けんにん)2年生まれ。四条隆衡(たかひら)の次男。後鳥羽(ごとば)上皇につかえ,承久(じょうきゅう)の乱ののちは後堀河天皇近臣として活躍。四条天皇の代にとおざけられたが,後嵯峨天皇の代に院の評定衆にくわわる。正二位,大納言にのぼる。料理の名人,「宝治御百首」などの歌人としても知られる。弘安(こうあん)2年9月6日死去。78歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

四条隆親

没年:弘安2.9.6(1279.10.12)
生年:建仁2(1202)
鎌倉中期の公卿。正二位大納言。権大納言隆衡の子。院・天皇の近臣として勢威を振るい,『正元二年院落書』に「四条権威アリアマリ」と書かれた。また『とはずがたり』の著者二条の外祖父としても知られる。最初後鳥羽上皇に近侍したが,承久の乱(1221)後は新天皇の後堀河とその母北白河院の近臣として活躍。北白河院の執事や後堀河上皇の年預,また皇嗣四条天皇の乳父にもなった。後堀河の死後,四条の近習から放逐されたが,四条の急死により後嵯峨天皇が推戴されるとその近臣となって再び活躍した。院の評定衆にも加わり,また後深草天皇の乳父や院執事にもなった。

(秋山喜代子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

四条隆親の関連キーワード大納言典侍近子後深草院二条隆遍(2)四条隆顕鷲尾隆良

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android