コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四条隆親 しじょう たかちか

2件 の用語解説(四条隆親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四条隆親 しじょう-たかちか

1202-1279 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
建仁(けんにん)2年生まれ。四条隆衡(たかひら)の次男。後鳥羽(ごとば)上皇につかえ,承久(じょうきゅう)の乱ののちは後堀河天皇の近臣として活躍。四条天皇の代にとおざけられたが,後嵯峨天皇の代に院の評定衆にくわわる。正二位,大納言にのぼる。料理の名人,「宝治御百首」などの歌人としても知られる。弘安(こうあん)2年9月6日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

四条隆親

没年:弘安2.9.6(1279.10.12)
生年:建仁2(1202)
鎌倉中期の公卿。正二位大納言。権大納言隆衡の子。院・天皇の近臣として勢威を振るい,『正元二年院落書』に「四条権威アリアマリ」と書かれた。また『とはずがたり』の著者二条の外祖父としても知られる。最初後鳥羽上皇に近侍したが,承久の乱(1221)後は新天皇の後堀河とその母北白河院の近臣として活躍。北白河院の執事や後堀河上皇の年預,また皇嗣四条天皇の乳父にもなった。後堀河の死後,四条の近習から放逐されたが,四条の急死により後嵯峨天皇が推戴されるとその近臣となって再び活躍した。院の評定衆にも加わり,また後深草天皇の乳父や院執事にもなった。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四条隆親の関連キーワード阿野季信久世通根園基理愛宕通貫千種有政中山栄親六条有栄西洞院時成櫛笥隆望権大納言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone