コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正元 ショウゲン

5件 の用語解説(正元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうげん〔シヤウゲン〕【正元】

鎌倉中期、後深草天皇亀山天皇の時の年号。1259年3月26日~1260年4月13日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正元 しょうげん

?-? 江戸時代前期-中期の僧。
江戸深川にすみ,各地を勧進(かんじん)してまわり,宝永5年(1708)から享保(きょうほう)5年(1720)にかけて江戸六地蔵を造立。神田鍋町の太田正儀(まさのり)・正義親子が鋳造し,顔以外には寄進者の名がきざまれている。青銅および金銅の丈六座像で,巣鴨真性寺などに5体が現存する。通称は地蔵坊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

しょうげん【正元】

千葉の日本酒。蔵元の「梅一輪酒造」は昭和60年(1985)「中田商店」と「若林酒造店」が合併し設立。所在地は山武市松ヶ谷イ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうげん【正元】

年号(1259.3.26~1260.4.13)。正嘉の後、文応の前。後深草・亀山天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

しょうげん【正元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1259年から1260年まで、後深草(ごふかくさ)天皇、亀山(かめやま)天皇の代の元号。前元号は正嘉(しょうか)。次元号は文応(ぶんおう)。1259年(正嘉3)3月26日改元。飢饉の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『詩緯(しい)』を出典とする命名。正元年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)、執権は北条長時(ながとき)(6代)。この頃、朝廷では後嵯峨(ごさが)上皇による院政が行われていた。しかし、朝廷内の鎌倉幕府の影響力が増大して、朝廷はほぼ幕府の統制下にあった。1259年(正元1)、後深草天皇は父帝の後嵯峨上皇の意向を受けて、皇子ではなく、弟の亀山天皇に譲位した。ここから、後深草の血統である持明院統(じみょういんとう)と、亀山の血統である大覚寺統(だいかくじとう)との確執が始まる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正元の関連キーワード延応応長嘉元嘉禎寛喜建永乾元康元康治昌泰

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正元の関連情報