コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンケハン Möngke Khan

デジタル大辞泉の解説

モンケ‐ハン(Möngke Khan)

[1208~1259]モンゴル帝国第4代皇帝。在位1251~1259。廟号憲宗チンギス=ハンの孫。即位後に内紛を鎮圧して、弟フビライ雲南チベットフラグにイラン方面を征討させ、自らは南宋攻撃を行ったが、病没。マング=ハン。メンケ=ハン。
[補説]「蒙哥汗」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

モンケハン【蒙哥汗】

1208~1259) モンゴル帝国の第四代皇帝(在位1251~1259)。チンギス-ハンの孫。高麗を従え、弟フビライに雲南・チベットを、フラグに西アジアを征討させた。南宋遠征中に病没。憲宗。マング-ハン。メンケ-ハン。 〔「蒙哥汗」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

モンケハンの関連キーワードチンギス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android