コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大草公弼 おおくさ きみすけ

3件 の用語解説(大草公弼の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大草公弼

江戸後期の幕臣・国学者。江戸生。本姓は間宮、通称熊蔵・熊吉・大次郎、字は篤夫、初名は公仲・公克、号は野木瓜。国典・詠歌に精通し、諸家系譜編纂員を務める。文化14年(1817)歿、43才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大草公弼 おおくさ-きみすけ

1775-1817 江戸時代後期の国学者。
安永4年生まれ。幕臣。寛政11年諸家系譜編纂(へんさん)員となる。南朝の事跡を詳述した年譜「南山巡狩録」をあらわした。文化14年8月24日死去。43歳。本姓は間宮。初名は公仲,公克。字(あざな)は篤(徳)夫。通称は大次郎。号は野木瓜。著作はほかに「元人来寇考」「一遍上人考并藤沢寺之事」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大草公弼

没年:文化14.8.24(1817.10.4)
生年:安永4(1775)
江戸後期の国学者。幕臣,諸家系譜編纂員。京都二条御門頭間宮氏の子。名は公仲,公克。字篤夫,野木瓜と号した。通称大次郎。幕臣大草氏を嗣ぎ,豊富な蔵書をもとに日本中世の歴史研究を生涯志した。主著の『南山巡狩録』全21巻(1809年序,写本)は,天野信景の『南朝紹運図』や同時代の竹口栄斎著『南朝皇胤紹運録』を援用改正しつつ,南朝57年の事績をすこぶる精しく叙述した年譜で,南朝の文芸アンソロジー『南山遺草』(全3巻,1809年成立)とともに幕府に献上した。息子の公明も学芸に秀で,随筆『春宵茶談』が伝わる(『視聴草』3集)。公弼の略伝は自著『元人来寇考』(写本)の下巻にみえる。

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大草公弼の関連キーワード間宮八十子大垣久雄長治祐義西村正邦佐倉真邦桜井信景寛永諸家系図伝鶴峰戊申戸田氏徳福居芳麿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone