コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大衆性 タイシュウセイ

デジタル大辞泉の解説

たいしゅう‐せい【大衆性】

一般大衆の共感を呼び、親しまれる性質を備えている傾向。「芸術に大衆性が求められる時代」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいしゅうせい【大衆性】

大衆に受け入れられるような性質。 「 -のある企画」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大衆性の関連キーワードホークス(John Hawkes)ジェームズ(Etta James)ハンス・ヘルムント キルストホイットフィールドホセ エチェガライジョン ホークスガルシアマルケスカレッジ・ラジオプレンク ヤコバポピュラリティーポピュラリティサンタクロースプロコフィエフインド独立運動冠コンサート小野寺 秋風エチェガライアバンポップメキシコ美術少年倶楽部

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大衆性の関連情報