大衆性(読み)タイシュウセイ

デジタル大辞泉の解説

たいしゅう‐せい【大衆性】

一般大衆の共感を呼び、親しまれる性質を備えている傾向。「芸術に大衆性が求められる時代」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいしゅうせい【大衆性】

大衆に受け入れられるような性質。 「 -のある企画」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいしゅう‐せい【大衆性】

〘名〙 一般大衆が共感する性質をそなえていること。一般のひとびとが親しみを覚えるような傾向。
※芸術運動に於ける前衛性と大衆性(1929)〈勝本清一郎〉「又、プロレタリア芸術は、もともと大衆性をもたない場合の如きが考へられない筈のものなのであるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大衆性の関連情報