コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷句仏 おおたに くぶつ

美術人名辞典の解説

大谷句仏

浄土真宗の僧・俳人。東本願寺二十三世。京都生。二十二世光瑩(現如上人)の次男。諱は光演、法名は釈彰如、句仏は俳号。幼年から諸流の書道を学び、杉山三郊に師事する。絵画は幸野楳嶺竹内栖鳳について一家を成し、俳句は河東碧梧桐につく。著書も多い。昭和18年(1943)寂、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおたに‐くぶつ〔おほたに‐〕【大谷句仏】

[1875~1943]俳人。真宗大谷派の第23世法主(ほっす)。京都の生まれ。名は光演。俳誌「懸葵(かけあおい)」の中心的メンバー。句集に「夢の跡」「我は我」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおたにくぶつ【大谷句仏】

1875~1943) 僧侶・俳人。京都の人。本名、光演。真宗大谷派管長。雑誌「懸葵」を主宰。句集に「夢の跡」「我は我」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報