大辞典・大字典(読み)だいじてん

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐じてん【大辞典・大字典】

[1] 〘名〙 すぐれた、また、大規模な字典や辞典。大冊字引
油地獄(1891)〈斎藤緑雨〉一四「これも読んだのかと取散らしある大字典(ダイジテン)の金字に目を留め」
[2]
[一] (大字典) 漢和字典。大正六年(一九一七)啓成社刊。上田万年他編。栄田猛猪が中心となり、一一年を費して完成。昭和三八年(一九六三)講談社により復刊され、平成五年(一九九三)、現代表記を採用するなどの改訂を行ない、「新大字典」となる。
[二] (大辞典) 国語辞典。二六巻。昭和九~一一年(一九三四‐三六)平凡社刊。縮刷版、一三巻。同二八~二九年同社刊。さらに同四九年、二六巻本をもとに縮刷二巻本を刊行。約七〇万項目を収め、収録数では最大のもの。見出しは表音式のかなづかいで、片仮名表記。配列は五十音順。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android