縮刷版(読み)シュクサツバン

図書館情報学用語辞典の解説

縮刷版

図書や逐次刊行物の面を写真技術などによって縮小して印刷し,判型を小さくして刊行した印刷資料.縮刷版を刊行する目的は,廉価普及のため,長期保存のため,大部な資料の取扱を容易にするため,携帯用を刊行するためなどである.縮刷版が刊行される印刷資料としては,新聞,辞書,事典などがある.とりわけ全国紙の縮刷版は典型的な図書館資料として広く普及している.書誌学的には,縮刷版は,内容が元の版と完全に同じであっても異なる版とみなされる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縮刷版の関連情報