縮刷版(読み)シュクサツバン

図書館情報学用語辞典の解説

縮刷版

図書や逐次刊行物の面を写真技術などによって縮小して印刷し,判型を小さくして刊行した印刷資料.縮刷版を刊行する目的は,廉価普及のため,長期保存のため,大部な資料の取扱を容易にするため,携帯用を刊行するためなどである.縮刷版が刊行される印刷資料としては,新聞,辞書,事典などがある.とりわけ全国紙の縮刷版は典型的な図書館資料として広く普及している.書誌学的には,縮刷版は,内容が元の版と完全に同じであっても異なる版とみなされる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縮刷版の関連情報