コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野孫平 おおの まごへい

1件 の用語解説(大野孫平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野孫平 おおの-まごへい

1879-1963 大正-昭和時代の出版経営者。
明治12年12月18日生まれ。大橋佐平の甥(おい)。博進社,博愛堂などをへて,東京堂にはいる。支配人から,大正6年専務,昭和16年社長。この間,東京雑誌組合(現日本雑誌協会),東京雑誌販売業組合を設立。雑誌の定価販売制度を推進した。昭和38年2月4日死去。83歳。新潟県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大野孫平の関連キーワード北九州(市)朝鮮映画剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生池田勇人内閣冤罪十月事件東映(株)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone