コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋佐平 おおはしさへい

6件 の用語解説(大橋佐平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大橋佐平
おおはしさへい

[生]天保6(1835).12.22. 長岡
[没]1901.11.3. 東京
博文館 (→博文館新館 ) の創設者。初め長岡で新聞を発行していたが,1886年上京して雑誌『日本大家論集』を発行し,大成功を収めた。 95年からは『太陽』『少年世界』『文芸倶楽部』の3雑誌を創刊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大橋佐平【おおはしさへい】

博文館の創業者。越後国(新潟県)長岡生れ。幕末期には佐幕派の長岡藩にあって勤皇を唱えていた。維新後,官吏に登用されるが,それを辞して《北越新聞》や《越佐毎日新聞》などを発行。
→関連項目大橋乙羽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋佐平 おおはし-さへい

1836*-1901 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)6年12月22日生まれ。明治14年長岡で「北越新聞」「越佐毎日新聞」を創刊。19年上京し,翌年3男新太郎と博文館を創立。「日本大家論集」「太陽」などおおくの雑誌を発行。洋紙の博進社,博文館印刷所(共同印刷の前身),書籍取次業の東京堂をおこした。34年大橋図書館を創設。明治34年11月3日死去。67歳。越後(えちご)(新潟県)出身。
【格言など】危篤になっても注射は絶対罷りならん。病気が癒るならよいが,ただいくらかの延命では意味がない(臨終の病床で家人へ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大橋佐平

没年:明治34.11.3(1901)
生年:天保6.12.22(1836.2.8)
明治期の出版業者。越後(新潟県)長岡の材木商渡辺又七,与瀬の次男に生まれたが,親戚大橋家断絶のためその姓を継ぐ。地元の町政に携わったのち,新聞発行を計画し,北越新聞社,越佐毎日新聞社を設立した。かたわら書店経営,図書出版も試みた。明治19(1886)年,越佐毎日新聞社の経営を息子新太郎に委ねて上京,出版社博文館を創立し,20年,諸雑誌の主要記事を転載して,ひとつにまとめた雑誌『日本大家論集』を発刊し,大きな成功を得た。それまでは記事の著作権については認識が乏しかったのが,これを契機に出版条例が改正され,版権条例が制定された。以後,上京した新太郎と共に『日本之女学』『日本之商人』(ともに1887)などさまざまなジャンルの雑誌を数多く次々と発刊し,博文館を有数の出版社に拡大させた。その成功は「薄利多売」と称された通り,価格を低くおさえ,一部知識層だけでなく広範な読者を開拓したところにある。図書の出版にも手を広げ,『日本文学全書』『帝国文庫』などの大規模な出版物の刊行を実現した。なかでも28年創刊の雑誌『太陽』は,政治,経済,文芸から家庭までさまざまな記事を網羅した総合雑誌として明治後半期の興隆期資本主義の精神を象徴している。また,印刷業,通信業の経営にも乗りだし,成功をおさめた。出版を企業化した点で,明治期の知的世界に果たした役割は大きい。<参考文献>坪谷善四郎『大橋佐平翁伝』

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおはしさへい【大橋佐平】

1835‐1901(天保6‐明治34)
博文館の創業者。越後国長岡生れ。酒商,運輸業などを経営したのち,1881年《越佐毎日新聞》を創刊。86年に新聞の経営を長男新太郎に託して上京。87年に博文館を創業し,各種の雑誌からこれと思われる論説を無断転載した《日本大家論集》を創刊した。無断集録に対する非難の声が続出したが,編集内容が評判になり第2編から月刊で発行。続けて創業2年余の間に13種の月刊誌を次々と創刊した。他方,《日本之輿論》を刊行して書籍出版にも進出,90年に書籍雑誌販売業東京堂を創業した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおはしさへい【大橋佐平】

1835~1901) 出版業者。越後の人。1887年(明治20)、子の新太郎とともに博文館を創設、雑誌「太陽」「少年世界」「文芸俱楽部」などを創刊し、広く人気を博す。また、印刷所、図書館などを創設。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大橋佐平の言及

【博文館】より

…1887年,大橋佐平が東京本郷で創業した出版社。創業にあたり,集録雑誌《日本大家論集》を創刊し,驚異的成功を収めた。…

※「大橋佐平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大橋佐平の関連キーワード新潟県長岡市朝日新潟県長岡市浦新潟県長岡市川口中山新潟県長岡市千秋新潟県長岡市宝新潟県長岡市中新潟県長岡市錦新潟県長岡市宮本東方町目黒甚七Murray,J.(出版業者)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone