統括(読み)とうかつ

精選版 日本国語大辞典「統括」の解説

とう‐かつ ‥クヮツ【統括】

〘名〙
① ばらばらに分かれているものを一つにまとめること。すべくくること。一。総括。〔布令必用新撰字引(1869)〕 〔伝習録‐中・答羅整庵少宰書〕
※検察庁法(1947)一条「検察庁は、検察官の行う事務を統括するところとする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「統括」の解説

【統括】とうかつ(くわつ)

まとめる。〔魏書、封伝〕()惠(つね)に軌を推して曰く、封生の經義に於ける、但にとすべきのみに非ず、其の綱格を標し、大義を統括するは、が如(し)かざる多し。

字通「統」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android