コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大量観察法 たいりょうかんさつほう

百科事典マイペディアの解説

大量観察法【たいりょうかんさつほう】

大量の対象(統計単位)を観察することにより集団の特性を調査する統計方法の総称。そのうち最も重要なのは全数調査で,このため大量観察法は全数調査と同義に扱われることが多い。
→関連項目記述統計学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大量観察法の関連キーワードジョージ・アンドリュー ランドバーグ悉皆調査標本調査杉亨二

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android