コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大量観察法 たいりょうかんさつほう

1件 の用語解説(大量観察法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大量観察法【たいりょうかんさつほう】

大量の対象(統計単位)を観察することにより集団の特性を調査する統計方法の総称。そのうち最も重要なのは全数調査で,このため大量観察法全数調査と同義に扱われることが多い。
→関連項目記述統計学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大量観察法の関連キーワード観想止観静態統計全数調査観察眼統計総観フィッシュウォッチング蛍光顕微鏡法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone