コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大量観察法 たいりょうかんさつほう

百科事典マイペディアの解説

大量観察法【たいりょうかんさつほう】

大量の対象(統計単位)を観察することにより集団の特性を調査する統計方法の総称。そのうち最も重要なのは全数調査で,このため大量観察法は全数調査と同義に扱われることが多い。→標本調査
→関連項目記述統計学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大量観察法の関連キーワードジョージ・アンドリュー ランドバーグ悉皆調査杉亨二

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android