コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全数調査 ゼンスウチョウサ

デジタル大辞泉の解説

ぜんすう‐ちょうさ〔‐テウサ〕【全数調査】

統計調査のとき、対象すべてを調査すること。国勢調査などがその例。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

全数調査【ぜんすうちょうさ】

悉皆(しっかい)調査,大量観察法とも。統計集団(一定の標識・属性を共通にもつ同種の個体の集合体)に属するすべての単位について調査すること。部分調査,標本調査の対。
→関連項目センサス大量観察法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんすうちょうさ【全数調査】

統計で、対象となる集団全部をもれなく調査すること。例えば国勢調査など。悉皆しつかい調査。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全数調査
ぜんすうちょうさ

悉皆調査」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全数調査
ぜんすうちょうさ
complete survey

統計調査にあたり、対象とする集団に含まれる個々の単位を一つ残らず調べる調査方法。対象集団に属するもののうち、一部の単位だけを取り出して調べる標本調査に対応する統計調査の方法であり、全部調査、悉皆(しっかい)調査ともよばれる。この調査方法によると、まず対象集団そのものの規模を知ることができ、さらに調査単位のもつ属性について多角的な情報を得ることができるとともに、集団自体の構造特性をも明らかにしうる利点がある。その反面、調査費用が多額に上ること、調査結果の集計・編集が容易でなく公表までに時間がかかること、などの欠点がある。したがって、この調査方法は、比較的限定された対象集団に対してか、あるいは逆に、国民全体などの大規模集団について、その規模と基本構造を5年、10年という比較的長期の時間間隔をもって調査するのに用いられる。後者の例が、国勢調査に代表されるセンサスである。[高島 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の全数調査の言及

【経済統計】より

…経済現象を対象として,統計調査によって得られた結果を数字で表現したものをいう。統計調査には全数調査と標本調査の二つがある。全数調査はセンサスとも呼ばれ,たとえば国勢調査では全国の全世帯,事業所統計では全事業所というように,対象となる客体をすべて網羅している。…

【センサス】より

…センサスとは,本来は古代ローマで行われた人口登録調査のことであるが,後には国勢調査あるいはそれに類する大規模な人口調査のことをいうようになり,さらには一定の社会集団全体を対象とした大規模な全数調査のことも指すようになった。現在では人口センサス(国勢調査)のほかに,事業所センサス,農業センサス,林業センサス,工業センサス,商業センサスなどの言葉が用いられている。…

【標本調査】より

…日本の人口や雇用労働者の平均賃金を知る場合などのように,特定の集団を観察してその特徴を数量的に把握する調査を統計調査という。対象となる集団のすべての構成要素を観察する統計調査が全数調査と呼ばれるのに対し,構成要素の一部分しか観察されない統計調査は標本調査と呼ばれる。標本調査は,構成要素の抽出が確率的に行われるか否かによって,無作為抽出法(ランダム・サンプリング)と有意抽出法とに二分される。…

※「全数調査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全数調査の関連キーワード事業所・企業統計調査法人企業統計調査全国学力テストコーパス言語学農業センサス法人企業統計工業統計調査経済センサス統計的検定政府統計労働調査数理統計基幹統計就業構造雇用指数意識調査人口調査典型調査社会調査経済統計

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全数調査の関連情報