コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鎌 おおかま

大辞林 第三版の解説

おおかま【大鎌】

の長い大きな鎌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大鎌の言及

【鎌】より

…ヨーロッパの青銅鎌(鋳造)はその形をうけつぎ,さらに鉄鎌へと移行した。鉄器時代に入ると,鎌(英語名シックルsickle)以外に,新たになぎ鎌(大鎌ともいい,英語名はサイズscythe)が登場する。鎌より大きく,多くは両手で柄を握り,本来は冬用の牧草を収穫する用途をもった。…

【農具】より

…また北西ヨーロッパでは農耕と家畜飼養とが有機的な統合をとげた混合農業が発達し,牧草栽培が重要となった。採草作業は両手で使用する大鎌を発達させた。耙も砕土のみを目的とする長い歯のついた枠型耙を主とするようになった。…

※「大鎌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大鎌の関連キーワードニホンジュウケツキュウチュウ(日本住血吸虫)刈り干し切り唄・苅り干し切り唄死の舞踏(終末観)サン=ポル・ルーしし座(獅子座)しし(獅子)座牧草収穫機甲府(市)リーパー死の舞踏クロノスウラノスレグルスガイアしし座星座

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android