コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農具便利論 のうぐべんりろん

世界大百科事典 第2版の解説

のうぐべんりろん【農具便利論】

幕末の農学者大蔵永常の著書で,《広益国産考》とならぶ主著の一つ。全3巻。1822年(文政5)刊。全国各地で使用される農具のうち,ひろく普及の価値ありと考えられるものを,こまかく絵入りで説明している。耕耘(こううん),種まき,除草,施肥,給水,収穫,調整など各作業ごとの用具をとりあげるが,とくにくわに詳しく,各種のくわの刃の長さと幅,柄との角度など,一つ一つ数字をあげて解説し,江戸時代の農具の最も詳しい実用的図鑑になっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農具便利論
のうぐべんりろん

農業技術書。著者は大蔵永常(おおくらながつね)。1822年(文政5)刊。上中下三巻よりなる。上巻は、自序、総論に続いて、鍬(くわ)、鋤(すき)、代掻(しろか)き用具、熊手(くまで)、除草用鍬などについて、使用の便利だけではなく、仕様書をみればその農具をつくることが可能なほど詳細な記述がある。それに続いて、夏の干魃(かんばつ)のとき井戸から水を引く法とか、小農具に触れている。中巻はやや個別の農具、たとえば培土用具から、イモ植車、あるいは地下足袋(じかたび)風のくふうや、畜力犂(すき)、人力犂その他が記されており、とくに千歯扱(せんばこき)などを紹介して、農民が新しい道具を受け入れることを強調している。下巻は、やや大掛りな揚水機の紹介だが、ここではオランダ製の揚水機まで説明している。これらはそれを使っている風景まであって、それが広く読まれる原因ともなっている。[福島要一]
『山田龍雄他編『日本農書全集15 除蝗録・農具便利論・他』(1977・農山漁村文化協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の農具便利論の言及

【農具揃】より

…飛驒国(岐阜県)高山に隣接する蓑輪村で,大坪二市(1827‐1907)が1865年(慶応1)に書きあげた農書だが,公表されたのは明治初期である。1月から12月まで各月別に,年中行事,各種の農村習俗を記載しているが,書名どおり中心は月ごとに使用される農具の説明で,約350種がとりあげられ,大蔵永常著《農具便利論》などとともに貴重な史料である。ことわざや方言などの紹介も多く,狭義の技術書というより民俗学的記録として興味深い。…

※「農具便利論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農具便利論の関連キーワード化政文化綿圃要務農具揃除蝗録農家益熊手農書雁爪

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android