大陸棚マージン(読み)たいりくだなマージン(英語表記)continental margin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大陸棚マージン
たいりくだなマージン
continental margin

大陸棚縁辺部,または大陸縁辺部ともいう。海底について大陸棚と大陸斜面 (スロープ・ライズ) ,コンチネンタル・ライズを含める地理学的概念。国連海洋法条約においては,沿岸国の大陸棚に対する権利は領土の自然の延長,つまり大陸棚マージンの外縁まで拡張する可能性を認められている。つまり,海洋法でいう大陸棚は地理学でいう大陸棚マージンに近く,ずっと広い範囲を指す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android