コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外縁 ガイエン

デジタル大辞泉の解説

がい‐えん〔グワイ‐〕【外縁】

外側のへり。外側にそったところ。外周。⇔内縁

げ‐えん【外縁】

仏語。内側の直接的原因を外から助ける間接的な原因。縁。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいえん【外縁】

外側のへり。外まわり。外周。 ⇔ 内縁
外戚がいせき」に同じ。 「偏に-の愁ひに就き/将門記」
〘仏〙 「げえん(外縁)」に同じ。

げえん【外縁】

〘仏〙 外から力を与えて物の生起を助ける要因。がいえん。縁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

外縁の関連キーワードトランスネプチュニアン天体エリグイグイドグイン湖ジャコクェーミーバイモモスズメ(桃雀)ハチノスツヅリガビロードハマキイルドフランススプロール現象太陽系外縁天体サカハチチョウボスムトゥイ湖海王星以遠天体太陽系小天体ケリズ火口湖アカミーバイワモンチョウホウジャクロナール湖ムチヌイユウキムルー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外縁の関連情報