大霧(読み)たいむ

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐む【大霧】

〘名〙 深く立ちこめた霧。濃霧
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「大霧四塞し咫尺を弁ぜざる事凡一月に及ぶと云ふ」 〔史記‐韓王信伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大霧の関連情報