咫尺(読み)シセキ

デジタル大辞泉の解説

し‐せき【×尺】

[名](スル)《「咫」は中国のの制度で8寸、「」は10寸》
距離が非常に近いこと。「咫尺の間(かん)」
貴人の前近くに出て拝謁すること。
「恐れ多くも九重(ここのえ)に―し奉った例(ためし)は」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しせき【咫尺】

( 名 ) スル
〔「史記蘇秦伝」より。「せき」は漢音。「咫」は周尺の八寸、「尺」は一尺〕
距離がきわめて近いこと。 「 -の間」 「策を帷幕の内にめぐらして勝つ事を-のもとにえたり/平家 7
貴人に接近すること。 「威厳に-し心中に恐懼したる乎/緑簑談 南翠
[句項目] 咫尺を弁ぜず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐せき【咫尺】

〘名〙 (「」は中国の周尺で八寸=約一八センチメートル、「尺」は一尺で一〇寸=約二二・五センチメートルの意)
① 尺度の短いこと。距離の近いこと。
※経国集(827)一四・奉和清涼殿画壁山水歌〈都腹赤〉「名山大水宛然是。咫尺能分千万里
※平治(1220頃か)中「ひとり人の心のあひむかへる時、咫尺の間もはかる事あたはず」 〔戦国策‐趙策上・粛侯〕
② (━する) (「春秋左伝‐僖公九年」の「天威不顔咫尺」から) 貴人などに近よること。拝謁(はいえつ)すること。
※田氏家集(892頃)上・和高侍中鎮夷府貢良馬数十疋、有勅頒賜、偶題長句「為君占得龍媒賜。咫尺雲霄意驤」
※太平記(14C後)四「玉扆(ぎょくい)に咫尺(シセキ)して被召仕ける人とては」
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉前「世に愛たき宝石に咫尺(シセキ)するの栄を得ばやと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の咫尺の言及

【五色墨】より

…其角没して25年,世の作者はまことの心を失い,孕(はら)み句を作っては,点取の勝負にこだわる。このような弊を排するため,宗瑞(そうずい),蓮之,咫尺(しせき),素丸,長水の5人が相寄り,《新撰六帖》にならって輪番で1人が判者となり,四吟歌仙五巻を興行し,互いに批評し合って楽しんだ。巻頭に点取俳諧を難じた《雑談集》の其角の文を掲げ,巻末には敬雨を加えた6人の竟宴歌仙を付す。…

※「咫尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android