コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃霧 ノウム

3件 の用語解説(濃霧の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のう‐む【濃霧】

濃くたちこめた霧。気象観測では見通しのきく範囲が200メートル以下をいう。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濃霧
のうむ

濃い霧のこと。気象観測では視程が200メートル未満の霧をいう。ただし海上の濃霧注意報の基準は視程500メートル未満が通例である。視程が10メートル未満などという濃い霧がおこることがあり、山霧や前線霧や海霧は陸上交通海上交通の障害となる。高速道路では濃い霧になると速度制限があったり、ときには閉鎖される。列車も濃い霧のときは速度制限をしたり運転中止となる。空港では濃い霧のときは離着陸ともに禁止される。海上の濃霧による船舶の遭難は古くから多い。交通の頻繁な瀬戸内海などではとくに濃霧に関心が払われている。[大田正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

濃霧の関連情報