コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大館義冬 おおだち よしふゆ

1件 の用語解説(大館義冬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大館義冬 おおだち-よしふゆ

?-? 南北朝時代の武士。
大館氏明の子。南朝方に属した伊予(いよ)守護の父が暦応(りゃくおう)3=興国元年(1340)細川頼春(よりはる)に討たれ,九州にのがれる。のち佐々木高氏のとりなしで室町幕府につかえ,高氏の娘を妻として近江(おうみ)(滋賀県)草津荘をあたえられた。号は妙同院,道妙善峰。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大館義冬の関連キーワード世尊寺伊俊高徳北周北斉大館氏明大館氏清篠塚重広真壁政幹三島外記和田茂実

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone