コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大館義冬 おおだち よしふゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大館義冬 おおだち-よしふゆ

?-? 南北朝時代の武士。
大館氏明の子。南朝方に属した伊予(いよ)守護の父が暦応(りゃくおう)3=興国元年(1340)細川頼春(よりはる)に討たれ,九州にのがれる。のち佐々木高氏のとりなしで室町幕府につかえ,高氏の娘を妻として近江(おうみ)(滋賀県)草津荘をあたえられた。号は妙同院,道妙善峰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大館義冬の関連キーワード南北朝時代大館氏明

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android