天の配剤(読み)テンノハイザイ

デジタル大辞泉の解説

天(てん)の配剤(はいざい)

善には善果、悪には罰というように、天は物事を適切に配するということ。
「ゆめゆめ美妙なる―に不足云うべからず」〈露伴・風流仏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんのはいざい【天の配剤】

天は人それぞれに資質や能力、機会などをほどよく配するものであるということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天の配剤の関連情報