天の配剤(読み)テンノハイザイ

デジタル大辞泉の解説

天(てん)の配剤(はいざい)

善には善果、悪には罰というように、天は物事を適切に配するということ。
「ゆめゆめ美妙なる―に不足云うべからず」〈露伴・風流仏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんのはいざい【天の配剤】

天は人それぞれに資質や能力、機会などをほどよく配するものであるということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天の配剤の関連情報